快走じじいの回想録

北の大地、南の島 旅の思い出をゆる~く。・・・時々今

ぼろぼろの近畿編 ちょっとだけよ いきなりおしまい

旅先では思うようにブログの更新が出来ません。

だいたい、旅の予定に「ブログ更新」の時間を取っていないので当たり前と言えば当たり前。

次回の車旅の計画には、「ブログ更新」の時間も入れ込みたいと思います。

 

2022年 6月 25日 11時 今回の最終目的地「千代崎港南防波堤灯台」がある三重県鈴鹿市に居ます。

 

 

灯台のパチリも撮り終えて松の木陰でコーヒーを一杯飲んでいたら吹き渡る海風の心地よさにメロメロになり、思いついたのがブログの更新です。旅の途中でのブログ更新に決まりをつけようと思い立ちキーボードを叩いています。

 

じゃ、どんなに居心地が良いのか? つたないパチリで伝わればよいのですが。

 

千代崎港南防波堤灯台です。 一般的な防波堤灯台と外観がちょっと違います。(だから立ち寄ったんですが)

 

漁港に佇む漁船 1日の仕事を終えゆっくりと休んでいるような、ゆったりした時間が流れているようです。

まるで入道雲のような雲が湧いています。

梅雨の晴れ間です。

 

この後、愛知県→岐阜県富山県を経由して越後の国に帰ろうかと思っています。この後は立ち寄り地の計画も無いので、明後日の夕方には秘密基地に帰還すると思います。

出かける前は、梅雨の雨にたたれて心が「ぼろぼろ」になってしまうだろうなと思っていましたが、快晴は無理としても、傘無しでは歩けないような日は1~2日ぐらいで全体的には曇りの日でした。思っていたより天候に恵まれた車旅でした。

記事を書いている内に雲が多くなり曇り空へと変わっていました。

そろそろ北北東に進路を取って出発することにします。

 

最後までお付き合いありがとうございました。

お帰りに 日本ブログ村のバナーをポチっとしていただけると大変うれしゅうございます。

では、また次回にお会いしましょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ いきいきシニアへ
にほんブログ村

 

ぼろぼろの近畿編 ちょっとだけよ2

「ちょっとだけよ」は、旅の途中のアップなので出来るだけアップするパチリの枚数をケチっています。ノーカット版は、越後の秘密基地に帰還してから公開する予定です。

 

今回は、名古屋城小牧山城犬山城岐阜城大垣城に登城した話。

道の駅 デンパール安城で旅の3日目を迎えた。

 

目指すは、名古屋城

どこを走っているか皆目???  すべてナビ子任せ。

 

名古屋城

天守は耐震性の問題で現在非公開、復元した本丸御殿を公開中

本丸御殿を見学したじじいはある違和感を覚えた。

人が生きていく上で絶対必要な場所、厠が無い。???

係員の人に聞いたら、非公開の部分に復元しているとの事。大名と言えども広さは2畳程、公開するには狭すぎて見学には無理があるから。との事。

見たかったの~

小牧山城

愛知県小牧市にある小牧山に築城された山城、己の足で登るしかない。登城道は遊歩道として良く整備されているが、じじいには山道はちと辛い。

織田信長ゆかりの城

 

城からの眺め

街並みは違っても信長も見たであろう景色

 

犬山城

現存天守12城の1城 国宝

昭和の○○年(調査不足)まで、幕末時のお殿様の子孫が代々個人所有してきたお城

秀吉も家康も喉から手が出るほど欲しがった要衝の城

お城からの眺め

 

道の駅 柳津

旅の4日目を迎えました。 お世話になりました。

 

今日は、岐阜城大垣城に登城します。

岐阜城に向かう途中にこんな建物が、 何だろう???

 

岐阜城

岐阜城小牧山城と同じく山城 織田信長安土城に移る前の居城

己の足で登城する登城道(登山道)もあるが、じじいは現代の籠(ロープウェー)で登城。 な~んだ、ロープウェーで登るのか、楽でいいな。 何て思ったそこの貴方。・・・甘い・・・山頂駅からさらに登るんじゃ。

 

城からの眺め

鵜飼で有名な長良川が眼下に、 鵜飼の屋形船はもう始まっていた。

 

大垣城に向かう途中の建物 なんだろう???

 

大垣城

家康が会津上杉景勝に謀反の疑いありと会津討伐に向かった隙に無二の好機と兵を挙げた石田三成が籠城し家康を迎え撃つ作戦が、家康が流した噂「家康は、直接西に向かう」

に騙されて、夜中に城を出て山道を関ヶ原に向かったが山道の行軍は兵の体力消耗が大きく、方や家康軍は中山道を楽々関ヶ原に向かって戦う前に勝負あった・・・との解説も。

 

道の駅 池田温泉

今日は、こちらにお世話になります。

 

次回は、いよいよ天下分け目の決戦地 関ヶ原に。

関ヶ原の勝負は毛利家の○○が決めたと言えるかも?。

その話は、次回に。

 

 

最後までお付き合いありがとうございました。

お帰りに 日本ブログ村のバナーをポチっとしていただけると大変うれしゅうございます。

では、また次回にお会いしましょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ いきいきシニアへ
にほんブログ村

ぼろぼろの近畿編 ちょっとだけよ1

前回のブログで公言したように近畿地方への車旅に発進しました。

今日は、1日目、2日目を「ちょっとだけ」お披露目。

 

以前からお付き合い頂いている方はうすうす気が付いておられるかと思いますが、じじいの旅は、「お城巡り」と「灯台巡り」です。

 

名付けて「城撮り物語」と「海辺の灯り」です。

ですので、すぐ近くに「有名な観光名所」があっても(基本)立ち寄りしません。

>お城と灯台か、どっちも興味ないな~。

と思ったそこの貴方、ちょこっとでも構わないのでこれからも「覗いてください」

そしてお帰りの際には、バナーのポチをお願いします。

 

では、旅先からの初めてのブログ発進です。

 

何だかんだ準備不足で、越後の秘密基地を発進したのはお昼を過ぎてしまいました。とほほ。

 

15:22 越後と信濃の国境を通過。

 

ベイシア飯山で今夜の食料を。

 

19:00 松本アルプス公園東駐車場で夜間休息 お世話になりました。(パチリは翌朝)

心配された雨は長野市から松本市の山越え部分で、ものすごーい雨だったのですが公園についてみるとほとんど雨は上がっていてほっと一安心。

 

最初の目的地 愛知県豊橋市の吉田城を目指して伊那路を走っているとこんな看板が・・・ いやはや政府は何をやっているのか? 黒田総裁に至っては「国民は物価高を受け入れている」←世間の批判を受けて発言を取り消したが本音なのだろう。

どう対応するんだ「円安」傾向に。 インバウンド需要を高めるために無策を決め込んでいるのか? 誰の意向だ?

いかん、いかん 安全運転に徹しよう。

 

道の駅 信州新野千石平にトイレ休憩で立ち寄りしたらこんな像が、

「幸法(サイホウ)」というこの地方の最高位の神様だそうです。

昔は、神主だけが舞を舞う事が許されていたほどの神様です。

もちろん、今回の旅の安全を祈願しました。

あ! お賽銭箱が無かったから手ぶらで祈願したのでじじいのお願いは却下かな?

(まさか神様は、お賽銭の有無で分け隔てしませんよね。)

 

昼過ぎに吉田城に到着 いい天気過ぎて怖いくらい。

天守です。

 

途中、銭湯 新湯 新川温泉で旅の汗を流し、今夜の食料を調達して、

18:00 道の駅 デンパール安城に到着 駅の施設関係は、広大な公園内にあり時間外は公園自体が施錠されるので内容は全く分かりません。

夜間休息でお世話になりました。

 

明日は、名古屋城に向かいます。

今回は、ここまで。

 

最後までお付き合いありがとうございました。

お帰りに 日本ブログ村のバナーをポチっとしていただけると大変うれしゅうございます。

では、また次回にお会いしましょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ いきいきシニアへ
にほんブログ村

いよいよ発進

明日、いよいよ 「せんとくん奈良県+α」へ発進します。

もうすぐ梅雨に入るからやめとけば~ 悪い事は言わないからさ~

旅先が違うんでね? 北の大地だろ! 誰が考えても!

という悪魔の、いや至極まっとうなささやきが頭の中で大合唱しているのですが・・・

しかも、発進を明日に控えた今日現在、準備が大幅に遅れています。

バタバタと準備して発進すると必ず何か忘れ物をします。

 

旅先で購入可能な忘れ物なら何とかなるのですが、・・・

 

何とかならない備品もあるので、・・・・

 

でも、決めたからには発進します。(たぶん)

 

天候も含めて、どんな旅になるか???

 

予定は今月末頃までですが、天候その他で早々に予定を変更して帰還するかもしれません。

進路 を西南西にとれ! 

 アイアイサー

いざ発進!

ぐ、ぐぐ、ぐおー

 

 

旅から帰ったらポチポチと綴っていきますので、又当ブログにお立ち寄りください。(ブログタイトル ぼろぼろの近畿編 かな?)

 

最後までお付き合いありがとうございました。

お帰りに 日本ブログ村のバナーをポチっとしていただけると大変うれしゅうございます。

では、また次回にお会いしましょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ いきいきシニアへ
にほんブログ村

傍らの花を愛でながら

入梅前の爽やかな日は自転車で散歩しているじじいですが、今日は自転車散歩の途中で見かけた花を紹介します。

ばら

アヤメ

ウスベニアオイ

かぼちゃ

きゅうり

なす

じゃがいも

じゃがいも

ねぎぼうず ・・・最近は高嶺(高値)の花になってしまいました。

クローバー

ばら

ばら

芍薬

芍薬

ポピー

マーガレット

マーガレット

マツバギク

たんぽぽ

きじ(特別出演)・・・ネットの中で飼われているように見えますが野生です。

 

花の名前で間違っている物も有ろうかと思いますがその場合はご容赦願いますと共にご指摘いただければ幸いです。

 

どうですか、自然味溢れる越後の国は?

海に山に、いい所ですよ。

 

最後までお付き合いありがとうございました。

お帰りに 日本ブログ村のバナーをポチっとしていただけると大変うれしゅうございます。

では、また次回にお会いしましょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ いきいきシニアへ
にほんブログ村

自転車のタイヤ、チューブ交換

普段の運動不足を解消するためにじじいは秘密基地周辺の田園地帯約10kmほどを朝晩2回走っています。先日も自転車散歩に出かけようとしたら後輪がぺしゃんこ。パンクです。パンク修理の道具も持っているのでパンク修理(チューブの穴塞ぎ)をしようと自転車を逆さにしてタイヤを見たら、なんと! な~んと!

糸状の物(タイヤの基材)が見えるほどゴムがすり減っているではあ~りませんか!

(普段は、そこまで見ないし見えないので気が付きませんでした)

 

こりゃ、だめだ。タイヤもチューブも新品に交換しようとポチっと注文。

 

今日は、じじいの備忘録として「自転車のタイヤ、チューブ交換」をUPします。

ママチャリなんかは基本パンク修理が出来れば、ず~~~と乗り続けられると思います。現にじじいが今乗っている自転車は子供が中学に入学した時に買った自転車で○○年以上前に買った物です。(自転車メーカーさん、最も有り難くない客で申し訳ない)

アマゾンでポチっとしてから中1日で交換部品の到着です。

物流関係の皆様、本当に感謝 感謝です。

タイヤ しっかりと段ボールでサンドイッチされて届きました。

チューブ こちらも荷造り用の段ボール袋に入って届きました。

さ! タイヤ、チューブの交換です。

使用する工具。左から

・タイヤレバー リムからタイヤを外すのに必須の工具

・スパナ サイズ8/10 後輪ブレーキのフレーム固定ねじやチェーン引きを緩めるのに必要

・モンキー 車輪軸のナットを緩めるのに必要。サイズ15のスパナがあれば尚良し

・+ドライバー ベルクランクカバーを外すのに必要

・ウエス  泥、油汚れのふき取り用

・軍手などの作業用手袋(パチリし忘れ)

 

タイヤ、チューブを交換するには、自転車のフレームからタイヤを外す必要があります。その為には、チェーン、後輪ブレーキをフレームから外します。さらにじじいの自転車は、内装3段変速自転車なので、変速用の部品=ベルクランクも外す必要があります。

 

後輪ブレーキ、ベルクランクにはそれぞれ操作用のワイヤーが接がっています。

普通は、そのワイヤーを切断し交換作業後に再接続するのでしょうが、再接続はそれなりのパーツや工具が必要になるので、じじいはワイヤーを切断しません。

 

 

ベルクランク(変速用の部品)のカバーを外す

カバーを外すとこんな感じ。 タイヤの軸から飛び出ている”ピン”の押し込み位置で変速比が変わる。

自転車スタンドなどというしゃれたツールは持っとらんので、敷物を敷いて自転車をひっくり返す。敷物が無いと自転車が傷だらけ~。 大き目の段ボールでも良いかも。

 

後輪ブレーキをフレームに固定しているねじを外してフレームからフリーにする。

ブレーキワイヤーは切断せずそのまま。

じじいの自転車は、チェーンを外すに為にチェーン引きを緩める必要がある。チェーン引きは左右にあるので両方緩める。スパナで緩めているが、ここはサイズ10のボックスドライバの方が使い勝手が良い。チェーンを外せるならチェーン引きを緩める必要は無い。

タイヤの軸を固定している左右のナットを緩めてタイヤを前に動かしてチェーンをたるませて外す。ナットのサイズは、15 このサイズのスパナはなかなか無いかも。

で、モンキーの出番。

チェーンを外したら先ほど緩めた軸のナットを外す。

ベルクランクや泥除けのステー、スタンドなど軸に固定されていた部品を外す。

自転車の脇に適当な台を置いてその上に外したタイヤを置く。
ブレーキのワイヤーが接がっているので苦肉の策

タイヤレバーを使ってリムからタイヤを外す。

タイヤやリムを傷つけないために必ずタイヤレバーを使用する。

タイヤレバーをリムとタイヤの間に差し込むときはタイヤだけを引っ掛けて、中のチューブまで挟まないように注意する。

(今回は、チューブも交換なので挟んでも良いのだが、チューブのパンク修理の場合は絶対だめ。)

タイヤレバー ホムセンでだいぶ前に買った。

差し込んだタイヤレバーはレバーの切り込み部分をスポークに引っ掛けると固定されるので順番にリムからタイヤを外していく。

古いタイヤ、チューブをリムから外し、新品チューブに空気を少し入れてリムにセットする。

チューブがセット出来たら、その上からタイヤを被せるようにリムにセットする。

 

先ずは、タイヤの片面のビードをリムの内側にセットする。

片面がセット出来たらもう片面のビードを手でぐいぐい押し込むようにリムにセットする。

 

タイヤをリムにセットするのがちょっと慣れが必要かな?

焦らずタイヤでチューブを挟まないようにゆっくりと注意深く行えば、そのうちパコっと入る。・・・・と思う。

 

タイヤ、チューブを取り付け出来たらチェーンと共に自転車のフレームに戻して逆順で取り付ける。

この時注意するのは、チェーン引きには内、外の向きがあるので間違わないようにする。

タイヤの軸に差し込む面とねじの部分が面一(つらいち)な面を軸の内側にする。

パチリで言うと、左側が軸の内側。

タイヤの軸に取りついていた順番を控えておくと間違いが無い。

この程度覚えていられる~・・と甘くみると大概、組立時には???が常。(これ経験値)

順番どうりに取り付けてからタイヤの軸のナットを手締めで締める。

(本締めは、タイヤの位置、チェーンの張り調整をしてから)

 

チェーンを掛ける。

 

チェーン引きのナットを締めてチェーンの張りとタイヤの位置を調整する。

タイヤがフレームの中央になるように。

チェーンはパンパンに引っ張らずに余裕を持たせる。

 

タイヤの位置とチェーンの張り調整が終了したら、タイヤ軸のナットを本締めする。

チェーン引きのナットを増し締めする。(走行中にナットが緩まないように)

 

後輪タイヤのブレーキをフレームにねじ止めする。

 

タイヤに空気を入れる。自転車を起こす。

 

ベルクランク(変速機)のカバーを掛ける。

 

お疲れさまでした。

 

この後、試運転を兼ねて自転車散歩に出かけましたとさ。

「いきまっしゅ」

 

 

ここまで書いてきて、つくづく思った。

動画ならもっと簡単に分かりやすく残せるのに! と。

 

最後までお付き合いありがとうございました。

お帰りに 日本ブログ村のバナーをポチっとしていただけると大変うれしゅうございます。

では、また次回にお会いしましょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ いきいきシニアへ
にほんブログ村

 

頂き物のおすそ分け

しばらくお休みをいただいたお陰で「奈良」+α の旅の計画もできました。

旅ブロガーさんも大勢あちこちに出かけておられるようです。

ならば、じじいも と思った矢先に腰を痛めてしまい出るに出られず。

トホホな毎日を送っております。

ナビ子も出番がなく元気がありません。

 

そんな訳で、旅に出られるまでの養生期間は「日々のつぶやき」を時々UPしていこうかと思っています。

働き方改革ではありませんが、ブログ作成は月~金でUPは土曜日

こんなスケジュールを考えています。

 

第1弾の今日は、親せきからの頂き物をブログ上で皆さんにおすそ分けしたいと思います。

 

頂き物は、ジャン!

じじいの秘密基地があるあたりでは、根曲がり竹と呼んでいる山菜です。

(本当は、竹ざるの中に入れて見栄え良く撮りたかったんですがあいにくと竹ざるが。 食い意地が張っているのでパチリより先に食ってしまったので頂いた量よりだいぶ少なめです。)

姫竹とも呼ぶようです。

竹と言っていますがです。チシマ笹の新芽です。

信州から東北にかけての雪が降る地方の山菜です。

初夏の山菜の王様と言ってもいいかもしれません。

なにせ、熊も大好物との事で今時分の山菜採りでの熊との遭遇は、この根曲がり竹採り中の事の様です。人間も熊も根曲がり竹に夢中になって気が付いた時には時遅し。なのかもしれません。

 

食べ方ですが、根曲がり竹は、えぐみが少ない分あく抜きが不要で調理が楽です。

 

根曲がり竹とサバ(水煮の缶詰)とバラ肉、ジャガイモ、玉ネギなどで味噌汁仕立て。(レシピも同封してくださいました。感謝)

その他には

単純に味噌汁の具として。

炊き込みご飯

煮物

など、など ですが

飲んべえには、これが一番。

皮ごと焼いて酒のあてに。

基本は醤油を垂らしてガブリだと思いますが、この時は、マヨネーズに醤油を垂らしたものを付けて食べました。

焼きあがった直後の熱々の根曲がり竹の皮をアチチ、アチチ言いながら剥いて食べる自然身豊かな食べ方です。酒がすすむ、すすむ。

 

酒が過ぎた翌朝は、コレ!

 

 

ネットで調べても、なかなか長期保存はできないようで

根曲がり竹は保存がきかないので、いろいろと調理しやすいように水煮にしても冷蔵庫で3日程度との事です、なのでこれから最後の根曲がり竹で煮物を作ることにします。

その煮物を今夜のあてにして、BSテレ東の「男はつらいよ」を観る事にします。

あ~また酒がすすみそう。

「人間 酒に飲まれちゃあ おしめ~よ」と寅さんに叱られる前に

ほどほどで止めます。(ほどほどってどれくらいだ? ・・・人によりけり)

 

 

日本という国は、雪の降る、降らないに関係なく四季折々のおいしい恵みが頂けるいい国だとつくづく思います。

 

 

最後までお付き合いありがとうございました。

お帰りに 日本ブログ村のバナーをポチっとしていただけると大変うれしゅうございます。

では、また次回にお会いしましょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ いきいきシニアへ
にほんブログ村