快走じじいの回想録

北の大地、南の島 旅の思い出をゆる~く。・・・時々今

2022年秋の旅 記念すべき1日目の朝は・・・ 

おっはよ~ございます。

日野正平で~す。 ←んなわけねーか

 

 

富山県射水市の道の駅カモンパーク新湊で1日目の朝を迎えました。

すっきりと晴れ上がった秋の空で~す。

近くの「海王丸パーク」からポスターを拝借

パチリのような満帆状態は、年10回 ボランティアの皆さんで帆を張るんだそうです。

普段は、

こんな感じ。

 

 

現実は、どんより曇った雨模様の夜明けです。

 

富山県と言えば、氷見の寒ブリますのすしホタルイカ、ブラックラーメンと美味しい物の目白押しですが、ここの道の駅は「白エビ」が一押し。

レストランも夜9時まで営業しています。

そんな事も一因か? 朝5時に休憩中の車の多い事。

近隣県のナンバーはもちろん札幌や熊本も停まっていました。

 

 

熊本と言えば、2016年4月の震災復興を強力に後押しするようなすごい人が現れたもんです。

 

記録は破られるためにある。

でも、誰もが破れる物でもない。

 

その人の名は、

 

村上宗隆

 

22歳ですよ。

 

 

今日は、腹囲 福井まで進む予定です。

では、そろそろ西に向かって発進します。

 

 

最後までお付き合いありがとうございました。

お帰りに 日本ブログ村のバナーをどれか一つポチっとしていただけると大変うれしゅうございます。

では、また次回にお会いしましょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

いい日旅立ち・・・

これから旅立ちます。

 

でも天気予報を聞いていると、天候がいまいちの様で・・・一昨日までの抜けるような秋晴れはしばらく無理なようです。 とほほ。

 

あゝ日本のどこかに

私を待ってる人がいる

いい日旅立ち 夕焼けをさがしに

山口百恵 いい日旅立ち  作詞、作曲 谷村新司

 

 

最後までお付き合いありがとうございました。

お帰りに 日本ブログ村のバナーをどれか一つポチっとしていただけると大変うれしゅうございます。

では、また次回にお会いしましょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

○日間の御無沙汰でした。「じじいは西へ」

前回のブログをアップしてから、秋の旅の計画を立てていましたがようやく固まったので、10月4日から出かけます。

 

新幹線は長崎へ じじいは西へ

 

じじいの場合は、灯台とお城巡りなので「目的地」がはっきりしている反面効率的に巡るには事前の計画が欠かせません。しかも特に灯台の場合は、”困った時のグーグル先生も、わしゃ知らん”と空中を飛ぶルートしか教えてくれません。

事前にweb上から情報を仕入れてルートを調べておかないとたどり着けません。

ルートが分かっていても、天候で断念したり、釣り人も歩かないルートでは運よくJCGの定期点検後でなければ草ぼうぼうで実際には進めない事もあり得ます。

そんなんで、計画造りには時間がかかります。

 

じじいも早く、東西南北の進む方向だけ決めて、後は野となれ山となれ の旅をしてみたいものです。

でも、今回の旅が終わっても、北海道、九州、四国、沖縄 が残っているので当分無理です。

 

大雑把なルートです。

日本海側を西に進んで山口県で瀬戸内海側に進路を変えて福山あたりから山に入って福井県に抜けて帰還する予定です。 ほぼ1ヶ月の旅です。

 

秋と言えば、台風のシーズンです。今年は台風の当たり年の様です。

 

もう来ないで、と村の鎮守様にお願いしたり

 

熊と蜂対策もしなければなりません。

 

餌やり禁止どころか、自分が餌になってしまってはどうしようも無いですから。

 

計画立案が終わったので、次は携行品の準備です。

 

いやはや、やることが多すぎて旅に出る前から”疲れ果てて”しまいそうです。

 

 

ファイト一発!

 

発進準備よーい!

>あいあいさ~

 

旅から帰ってくると、もう越後の国は晩秋で雪も遠からず降ってきます。

じっと我慢の季節が始まります。

今年の冬の心配事は、暖房費。・・・・・

コロナや、インフルより正直心配です。

 

 

 

最後までお付き合いありがとうございました。

お帰りに 日本ブログ村のバナーをどれか一つポチっとしていただけると大変うれしゅうございます。

では、また次回にお会いしましょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

ぼろぼろの近畿編 おしまい

梅雨空に祟られて「身も心もぼろぼろ」になることを承知で6月6日に発進した東海・近畿の車旅。

ほぼ予定したお城、灯台を巡って帰路につきます。

名古屋から長野を通て越後に帰るのが一般的だと思いますが、毎度おなじ道では芸がないので今回は岐阜→富山→越後のルートで帰る事にしました。

 

旅の轍

 

最後なので名古屋で昼飯を食べようと寄った店が、刀削麺のお店

どこかのフードコートですね。

マーボー刀削麺を頼みました。 じじいは刀削麺 初めてです。

こんな感じ、無理やり例えればきしめんのラーメン版?

粗削り麺 一口すすったら「辛いのなんのって」辛い物には強いんですが思わずむせてしまいました。食べ慣れていないじじいだけかと思ったら地元のあんちゃんもむせてました。

辛さで汗びっしょり、外に出たらお日様が暑いのなんのって・・・

 

 

岐阜へ向かいます。

今日の夜間休憩地を求めて、あっちへ行ったり、こっちに寄ったり、たどり着いたのが道の駅 飛騨金山 ぬく森の里温泉 奥深い山の中です。

温泉併設なので、先ずはひとっぷろ

ちゃぽ~ん すべすべになるいい温泉でした。

 

温泉施設の入り口に気になる看板が掲げられていました。

ふぐ料理のフルコース? 飛騨とらふぐ?

下関のふく(ふぐ)なら聞いたことはあるけど、飛騨?

 

翌朝、関係者らしき人が歩いていたので、勇気を出して尋ねてみました。(じじいは、恥も外聞も無く?と思ったことは話しかける事にしています)そしたらとある場所へ案内されて

ぼやけてますけど、ふぐです。\(◎o◎)/!

ここで育てているそうです。水はもちろん人工海水です。熱帯魚を飼ってる人はご存じですね。

この方が、苦節年ようやくふぐの生簀飼いに成功した方です。

あんまりびっくりしたんでお名前をお聞きするのを忘れてしましました。

ここでは仮に「福田 寅蔵」さんとでもしておきましょうか?

 

そういえば昨日ここに着いた時、撮影クルーらしき人たちがいたんです、東海TVだったかな?取材を受けたそうです。 東海地方にお住まいの方でご覧になった方もおいででしょう。

言っちゃなんですが、こんな山奥で「ふぐ」が食べられるなんて。すごい所です。

 

 

今日も暑くなりそうです。

出発です。お世話になりました。<m(__)m>

 

 

途中飛騨高山でお土産を買って、お昼に高山ラーメンでもと向かった先が

並んでる~。 いくらお昼の時間帯とは言え月曜日ですよ今日は。

服装からすると観光客の様ですね。

諦めました。(意外とあっさり系なんです。)

 

循環バスです。

 

この後、ひたすら富山に向かって走って越後の国に帰ったとさ。おしまい。

 

総走行距離 2,886km

消費ガソリン量 181L

ガソリン平均単価 162円/L

 

**********

ぼろぼろの近畿編は、今回でおしまいです。

お付き合い ありがとうございました。

しばらくは秋の旅の準備をしようと思いますので、時事ネタならぬ爺ネタがあればアップするかもしれませんが、基本的にはブログも滞りがちになると思います。

秋の旅ではあなたの街に行くかも?しれません。道端に変な車が停まっていたらお声がけください。一人旅は人恋しくなるんです。特に秋は。

一人旅 ナビに声掛け するじじい。

 

>お~い ナビに向かってブツブツ言ってるじじいがいるぞー。

あぶないぞー 関わるな~ 近寄るな~。

**********

 

最後までお付き合いありがとうございました。

お帰りに 日本ブログ村のバナーをどれか一つポチっとしていただけると大変うれしゅうございます。

では、また次回にお会いしましょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

ぼろぼろの近畿編 19日目 お城巡り終了 後編

梅雨空に祟られて「身も心もぼろぼろ」になることを承知で6月6日に発進した東海・近畿の車旅。

いよいよ今回の城巡り旅も最終回となりました。

後編では道の駅での夜間休息を挟みながら伊賀上野城 → 津城 → 清州城 を巡りました。

 

旅の轍

前回の「19日目 お城巡り終了 前編」の北畠氏城館跡から続けて。

 

 

本日の4城目

伊賀上野城

伊予宇和島城から移封した藤堂高虎が大改修した城

五層の天守も建設中だったが慶長17年(1612)9月2日の大暴風で倒壊しその後は再建されなかった。(大暴風=台風だったかもね)

あたかも伊賀者が潜んでいそうな道を通って天守へ、演出も凝ってるの~。

天守1階 受付で名城スタンプを貰う。

目も眩みそうな高石垣

 

さらばじゃ、伊賀上野城

 

こんなくのいちなら何度でも 術を掛けられたいもんじゃ。💛

 

もし町中ですれ違ったりしたら、\(◎o◎)/!

 

6月19日の城巡りはここで終了

銭湯 一乃湯さんで汗を流す。

ちゃぽ~ん いいお湯でした。

Pもいっぱいある。

 

今日の夜間休息地 道の駅 いが(名阪国道のSA)に向かう。

(営業車と思われるのでナンバーは消さず、例え営業日報と写っている場所に矛盾があってもわしゃ知らん)

 

初めて訪問する土地の落とし穴 夕方のラッシュに巻き込まれ尺取り虫状態。

しかも自動車専用道だから脇道へ逃げることもできない。

伊賀忍法 蜘蛛の巣地獄の術にかかってしまい、もがけばもがくほど脱出できず。

 

ようやく到着 道の駅 いが

経済の血液 物流を担うドライバーさんご苦労様。明日も安全運転で。

 

今日(6月19日)の走行距離 140km 累積 2221km

明日は、津城、明後日は清州城に向かう。

ということで、

2022年6月20日 道の駅 いがで20日目の朝を迎えました。

お世話になりました。<m(__)m>

この日は、朝から27℃ 半端ない暑さで幕が開きました。

 

津城

慶長16年(1611)伊予宇和島城から移封した藤堂高虎により大改修。

藤堂高虎は津の藩祖となる。

お城東Pに到着

丑虎櫓(再建)

藤堂高虎公の像

築城、改修と言うと必ずと言ってよいほど名前が挙がる藤堂高虎

いったいいくつの城にかかわっているのか?

埋門跡

高山神社 社務所で名城スタンプを貰う。

はとです。 何か?

 

素人目にはだいぶ傷んでいるように見えるが・・・

今後の気象変動による1000年に1度の大雨も想定し今から少しづつ対策していかないと大変な事になってしまうかも・・・

さらばじゃ 津城

 

 

 

6月20日は、津城の他に灯台巡りもしているので、いきなり本日の夜間休息地 道の駅 ふれあいの里へ(到着時の模様は、20日目を ここでは21日目の朝からスタート)

 

2022年6月26日 道の駅 立田ふれあいの里で21日目の朝を迎えました。

朝のニュースです。

全国軒並み30℃越え、名古屋は、平年比+5℃

網走なんて平年比+13℃ どうなってんだ?今年の夏は。

 

出発します。お世話になりました。<m(__)m>

 

道の駅の隣には蓮田が広がり、はすの花が見ごろでした。

はすの実は食べられるって知ってる? 泥の中の根じゃないよ。花の後に出来る種だよ。旨いってわけでもないが、水っぽくて手が止まらなかったな~。ポテチなんかが無かった時代のおやつさ。

 

 

 

清州城(清須城)

清須城と言えば、信長が天下統一に踏み出した城。信長の時代には天守は無かったが、本能寺の変後に入城した織田信雄の時代に天守が作られた。

徳川の時代になり、尾張の中心が清州から名古屋に移されるいわゆる清須越し(清須で、清須の町全体を名古屋に移し名古屋城建築の資材として清州城の材料も使われたという。名古屋城 の西北櫓(清須櫓)は、清須城の天守を解体した材料が使われたと伝わる。

現在建っている天守は、ひとりの実業家の思いが作らせた建っている場所も、形も違う模擬天守である。

模擬天守だろうが、どうしてなかなか立派な天守でござる。

やや、大手橋に立ちはだかるのは「佐々成政」 殿ではないか!(ちょっと太め?)

本日の予測最高気温33℃のなかでビシッと衣装を決めて、熱中症に気を付けてね。

 

「人間五十年下天の内を・・・夢まぼろしの如くなり」

 

資料館である天守内は、音と映像が味噌煮込みうどん状態(熱々な具材が競い合ってる)

残念ながら音と映像は伝えられないので、ぜひご自分で立ち寄ってください。

入館料 大人 300円 は絶対にお得。

 

天守と川を挟んだ向かいの清須公園内に建つ 信長・濃姫

 

 

で、清須城の遺構は。

五条川の河川改修で発掘された石垣の一部を移設復元した「清州城の石垣」のみ。

しかも周りは草だらけ、佐々成正殿 たまには草取りもして。

あ!それから解説板に石をぶつける輩は、問答無用で手打ちにしていいからね。

 

 

信長四城御城印 を手中に収めたぞ!

信長ゆかりの四城「清須城、小牧山城岐阜城安土城」でそれぞれ押印する事で完成する非売の御城印じゃ。

(旅の資金を稼ぐためにメルカリに出品するか、ヤフオクの1円スタートかの~)

 

 

2022年6月7日 豊橋の吉田城から始まり29城を巡った東海近畿のお城巡りも清州城で終了。

 

後は、越後の国へ帰るだけなのだが、次回は何と”あれ”が食べられるというお話をおまけで。

 

 

最後までお付き合いありがとうございました。

お帰りに 日本ブログ村のバナーをどれか一つポチっとしていただけると大変うれしゅうございます。

では、また次回にお会いしましょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ぼろぼろの近畿編 19日目 お城巡り終了 前編

梅雨空に祟られて「身も心もぼろぼろ」になることを承知で6月6日に発進した東海・近畿の車旅。

 

旅の轍

ぼろぼろの近畿編 20日目(6月25日)の夕刻から19日目(6月24日)の朝にワープ

ややこしくてすみません<m(__)m>

 

2022年6月24日 音無山園地Pで19日目の朝を迎えました。

お世話になりました。<m(__)m>

 

本日の1城目

田丸城

田丸城址Pの脇に池?があり、シオカラトンボが羽を休めていた。

登城口は道なりにまっすぐ、玉城中学校の校門に至る道を進む。

道が大きくカーブする所に

富士見門(長屋門)があった。 明治の廃城令で民間に払い下げられていた物を昭和59年3月町が譲り受けこの地に移築した。江戸中期のもので原形をとどめる唯一の建築物。

登城口前にも5台程度のPがあった。

(パチリの角度を・・・まずった)

 

北の丸跡へ

空堀(堀下から)

城山稲荷神社(北の丸跡)

本丸へ戻る

上の方にちょこっと天守台が見える。

天守

天守穴蔵

 

玉城中学校 パンフレットに三の丸の文字は出てこないが、学校脇に井戸跡がある事から三の丸跡と思われる。もしくは家臣の屋敷跡。

二ノ丸跡

ここから富士山まで、215km。

 

富士見台跡

二ノ丸虎口跡を通って中学校前に戻る

二ノ丸門虎口跡

 

三の丸 井戸跡

 

名城スタンプを貰いにすぐ近くの「村山龍平記念館」へ行く

記念館の手前にC58SLが静かに余生を送っていた。
若い頃は、北の大地を駆け巡っていたそうだ。お疲れ様。

村山龍平記念館
アンケートに答えたら「田丸城 特製ステッカー」を貰った。ごっちゃんです。

 

 

本日2城目

松坂城

蒲生氏郷が1588年に築城した城

現存するのは石垣のみだが、その石垣が見事。

松坂城に到着 聞きしに勝る高石垣に早くもテンション↑。

突き当りを右に曲がってPへ

市営P 目の前の病院のPと共同になっているので広いが車もいっぱい。

登城開始

表門跡

松坂城跡碑

入り組んだ石垣

歴史民俗資料館で名城スタンプを貰う。

本丸

天守

本居宣長 旧宅

裏門跡

石垣に沿ってぶらぶらとPまで。

石垣捨石遺構(石垣下部の地面) 軟弱地盤の為石垣の孕み(ふくらみ)を防止するために設けられた石 分かりずらいね。反省。

下城。

 

 

 

マックスバリュ サンフラワー この先は山の中になるので早めに食材を仕入れる。
どれにしようかな? じゅるる~

>せっかく松阪に来たんだから、和田金に寄らないの?

・・先を急ぎますんでごめんなすって。

>急ぐとか云って本当は、金が無いんだろ?

・・分かってたら聞くなよ! ブログタイトル変えようかな?

・・貧乏じじいのけちけち道中録

 

 

 

本日3城目

多気北畠氏城館

途中、またナビ子の得意なマニアックナビか?と思ったほどのものすごい山道(伊勢本街道)を通って到着。

こんな道でもれっきとした 酷道 国道368号

まじで道を間違えたかと不安になった。

 

到着

今回は、庭園散策で引き揚げ。

社務所前で名城スタンプを貰う。

また、庭園拝観料として300円を収める。

 

庭園入口

池の形が「米」の字だと言うが、確かに入り組んでいる。

やっぱりベストは秋なんだろうね。

庭園を出て境内をぶらぶら

詰城には登らず。

 

この後、伊賀上野城に向かったのですが今日はこの辺で。

(忍法 途中隠れの術で、にん にん わ~・・・)

 

 

 

最後までお付き合いありがとうございました。

お帰りに 日本ブログ村のバナーをどれか一つポチっとしていただけると大変うれしゅうございます。

では、また次回にお会いしましょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ぼろぼろの近畿編 20日目 灯台巡り終了

梅雨空に祟られて「身も心もぼろぼろ」になることを承知で6月6日に発進した東海・近畿の車旅。

 

神島、菅島の灯台を巡った翌日(19日目)は、お城巡り。今日(20日目)もお城巡りと灯台巡りなのですがブログは、灯台巡りを先にUPしてから、お城巡りで締めくくろうと思います。ですので、立ち寄り順や日付が前後しますがご了承ください。

 

旅の轍

 

2022年6月23日夕方から25日の朝にワープ

2022年6月25日 道の駅 いが(名阪国道のSA)で20日目の朝を迎えました。

午前6時前です。いい天気になりそうな夜明けです。

お世話になりました。<m(__)m>

 

本日の灯台巡り1基目は、

贄埼灯台

贄埼灯台 到達

 

 

本日2基目

津港 阿曽浦中堤防灯台

贄埼灯台から見えます。はるか沖の堤防上に建つ灯台が、

津港阿曽浦中堤防灯台
「燈明台をイメージ」した四角い木造風の”デザイン灯台”です。

 

デザイン灯台??? なんだそれ?。

 

うみまる君 解説お願い。

ーーーーーーーーーー

アイアイサー

海上保安庁では地方自治体などと連携し、地方の観光資源・特産品などをモチーフとしたシンボルを灯台に付与するなど「航路標識のデザイン化」に取り組んでいます。

海上保安庁HPより

ーーーーーーーーーー

「航路標識」=灯台と思ってください。

デザイン灯台は、現在 北海道から沖縄まで全国で40基あります。

津港阿曽浦中堤防灯台のように灯塔そのものをデザインした物や、普通の灯台に看板だけ追加した ショボい 簡素な物もあり色々です。

**********

 

道は狭いが贄埼灯台前には若干の路駐スペースがあるので運が良ければ灯台前まで車でOK、

海しる/海上保安庁

 

本日3基目

千代崎港南防波堤灯台

千代崎港南防波堤灯台 到達

「地元船頭とロシアとの縁からロシア建造物をイメージ」した灯台

これも「デザイン灯台

じじいには、ロシアの建造物というよりトロフィーに見える。(見る角度で印象も変わる?)

 

今日は土曜日、家族連れの釣り客も多い。

くれぐれも、ちいさいお子さんから目を離さないようにお願いします。

 

塔頂部が蛸の頭か、ピンク色に塗れば桃みたい。

 

ふと見上げたら、空が変わっていた。

降り続く 雨はやんで 夏の空に変わった ♬

こころ/小田和正

ず~っとお付き合いくださっている方はお気づきでしょう。

え!そんな暇な人間はいないって。😢 ごもっとも。

ここは、「ぼろぼろの近畿編 ちょっとだけよ いきなりおしまい」をUPした場所です。路駐した場所は、周りに松木立がありちょうど日陰になっていて海を渡って来る風が本当に気持ちよくブログをアップした後もしばらくぼ~っとしてました。

 

赤丸に路駐

海しる/海上保安庁

 

 

以上で「ぼろぼろの近畿編」灯台巡りは終了です。

 

今日の夜間休息地へ向かいます。

道の駅 立田ふれあいの里です。

昼の3時前に到着 満車です。

農産物も

ケーキも

パンもあります。

 

ネットの口コミで見たんですが、道の駅の近くにある新鮮とくとく市場では、

お昼時間を過ぎると、お弁当が100円引きになるんです。

元々の値段が300円、260円なのにそこから100円引き。こりゃ買うっきゃないという事で。

買っちゃいました。 フードロス削減、じじいの出費も削減 Win Winの関係 なんちって。

100円引きで160円 内容は、串カツ1本、ジャガイモの煮っ転がし3個、昆布おかかにたくわん。じじいには十分な内容でした。

 

自販機にはなかなか売ってないダイドードリンコの”梅よろし”があったのでまとめ買い。

(ガハハ、まとめ買いは”埼玉の仙人”さんでも無いだろう え、へん!)

焼酎で割って飲むんです。 ウメ~ なんちって。

 

南高梅はどうした? 毎日1個とか言ってたのはついこの間だぞ!怒

・・・忘れた訳じゃないんですが・・・梅つながりということで、ブツブツ・・・

 

 

お昼の3時頃に到着した道の駅もぶらぶらしているうちに夕方です。

そろそろ車に潜り込もうと思いますので今日はこの辺で。

 

今日(6月25日)の走行距離 143km 累積 2364km

明日は、清州城に向かう。



次回は、名城巡りラスト6城です。

田丸城→松阪城→北畠氏城館→伊賀上野城→清州城を巡ります。

 

(私が利用している はてなブログは、利用されている方はご存じだと思いますがUPする画像データの容量は無制限(と思います。上限情報が見つからないので)ですが、月当たりの上限があり現在99%なのでもうすぐ今月の画像アップが出来なくなります。良い機会なので試したところ「アップロードに失敗しました」とのメッセージが出てアップできなくなりました。そんなこんなもあり、ややこしいですが苦肉の策として立ち寄り順を入れ替えた。という面もあります。ちなみに月当たりの上限容量は 無料版=300MB、有料版=3GBです。もちろんじじいは無料版です。(*´σー`)エヘヘ)

 

 

最後までお付き合いありがとうございました。

お帰りに 日本ブログ村のバナーをどれか一つポチっとしていただけると大変うれしゅうございます。

では、また次回にお会いしましょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村