快走じじいの回想録

北の大地、南の島 旅の思い出をゆる~く。・・・時々今

2024年 春の旅 29日目(4月13日)

またもや最近の話から

7月6日のニュースで

群馬県の某所(←場所は忘れた)にゲリラ雷雨でヒョーが降ってきた、と伝えていた。

 

う!ヒョー

いや、あなたじゃなくて、

こっちの雹 大きな氷の塊ね

インタビューされた人の話では大きいもので5cmくらいはあった、太陽光パネルが心配なのでこれから屋根に上がって確かめる。と、

今では旅車の屋根に太陽光パネルを設置している人が多い。

そんな旅車に雹が降ってきたら・・・・

きっと、泣くに泣けない大被害になるんだろうな~

御多分に漏れずじじいの旅車にもなけなしの年金で太陽光パネルを設置している

また一つ心配事が増えた。

 

 

九州彷徨い道中記 29日目

 

鵜戸神宮観光駐車場で目覚めた。

どうも天気がピリッとしない・・・

 

 

最初の訪問地へ

鵜戸埼灯台 到達 鵜戸神宮の灯篭をイメージしたデザイン灯台

お世話になった駐車場のすぐ近くに建っている

燈籠の頭にLEDの灯器が設置されているが燈籠部分が光れば座布団100枚なのだが・・・ま、無理だな。

この辺の海岸も「鬼の洗濯岩」だった。

 

 

次の訪問地へ

巾着島灯台 到達

正面の小山(巾着島)に建っている

 

 

次の訪問地へ

戸崎鼻灯台 到達 傘無しでは歩きたくないな程度の雨が降っていた。

それにしても壁面がきったね~な~ 残念

 

先ほど到達した巾着島灯台が見えた。

海の中に2本の棒が立っていた。

なんだ~これ?

調べてみた

中国籍の船が嵐で座礁して沈没したが、引き揚げ費用等で引き揚げが無理と分かると補償云々から逃げたらしい。 沈没した海域は優良な伊勢海老の漁場だったが沈没の影響で獲れなくなった。被害は甚大。

海難事故の処理、補償は船主の責任が国際ルールらしいが、船主に事故処理の対応能力が無い場合は一旦船主の国が代替し、後は船主と船主の国との間で解決するというルールに変えないと逃げ得が発生してしまう場合があり得るという事。 島国の日本としては早急にどげんかせにゃならん事だと思うが・・・

詳しくは↓↓で

宮崎の観光名所・堀切峠 絶景の海に刺さる棒の正体とは? | NHK

灯台は正面の山に建ってる。 左の建物はホテル青島サンクマール

ホテルの横から灯台へ登っていくが周辺には車を停める場所が無い

ホテル青島サンクマールの日帰り温泉を利用して灯台までの行き帰りの時間も含めてホテルのPに停めさせてもらう。 ぐらいしか思いつかない。

 

 

次の訪問地へ

日向青島灯台 遠望  この頃が雨が一番強かった。 仕方が無いから車の中からパチリ

有名観光地 青島神社がある島の右側の洗濯板の先っぽに建っている。潮が引いていても到達は難しいらしい。 先日放送の「ナニコレ珍百景」で洗濯岩に文字のような?、鬼の顔のような?・・・という内容の放送があったが灯台は画面に出てこなかった 残念

 

 

次の訪問地へ向かう途中で

宮崎名物 フェニックスの街路樹  雨粒が写ってる→ あめだす  風で剥がれた樹皮が道路に落ちている事もある。最初見た時は なんだ~これ?。

さらに訪問地へ向けて走っていたらいきなり晴れてきた、対向車のフロントガラスに反射してまぶしい。 と言うよりじじいが降雨地帯を抜けて晴れの地帯に入ったという事なんだろうが。 無意識に自分中心で考えるんで天気が移動してきたと錯覚する。

 

 

次の訪問地

佐土原城に到着  正面の建物は佐土原城歴史資料館

歴史資料館の門の所に名城スタンプあり

 

攻めてみよ と言われても・・・

南九州唯一の天守があった城とか尾根に沿って掘り下げた大手道に興味をそそられてちょっとお邪魔するだけですから~

歴史資料館の裏口を出て左方向へ行くと大手道の入り口がある

本丸虎口

お~これは敵ながらあっぱれな守りだ 帰りに本丸の入り口がこんな感じになってるよーとご注進申し上げたが・・・その後どうなっただろうか?

本丸

天守

天守台石垣

本丸まで攻め入ったのでじじいの勝利。

えい!えい!おー

 

 

次の訪問地へ

富田(トンダ)灯台 到達

トンダ トンダ トンダ トンダ トンダ トンダ トンダ トンダ・・・・・・

山と言うより小高い丘の上に建っていて公園として整備されている。

公園内には八十八か所のお地蔵さんや西国三十三か所のお地蔵さんが祀られていたりウォーキングに最適な場所。 秘密基地の近くにもこんな場所があればなー

 

 

次の訪問地へ

美々津港灯台 遠望 神武天皇縁の地として燈明台をイメージしたデザイン灯台

沖合の島?岩?の上に建っている

ここの浜は

神武天皇御船出の地との伝承がある。

宮崎県が発行する季刊誌「Jaja」から引用↑

 

なども建つ

 

次の訪問地へ と言ってもほとんど同じ場所なんだけど

美々津港南西方照射灯 遠望

 

天気がいいとマンゴーも旨い

 

 

以上で今日の訪問予定は終了

今日は午前中は強雨もあったが終わりよければすべて良し、という事で「晴れ」

九州での空模様の記録

 晴れの日   11日

 曇り、雨の日 15日

 

 

次に向かうのは、あなたの街かも?

あなたと一期一会できたら\(^o^)/。

 

最後までお付き合いありがとうございました。

お帰りに 日本ブログ村のバナーのどれか一つをポチっとして次に向かうパワーをください。<m(__)m>

では、また次回にお会いしましょう。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村