快走じじいの回想録

北の大地、南の島 旅の思い出をゆる~く。・・・時々今

2024年 春の旅 9日目(3月24日)

九州彷徨い道中記 9日目

 

生月島のふれあい広場 館浦駐車場で目覚めた。

昨日からの雨がやまない。😢

 

今日最初の訪問地 雨天でも向かう貧乏旅行。

離合できないような狭い道を走って、

生月長瀬鼻灯台に到達。 傘を差して向かう。

デザイン灯台のひとつ

生月 →いくつき →行く月 →ロケットをイメージしたデザインらしい。(^^;)

 

次に向かったのは、生月島の北端

途中で滝? 滝のように流れる雨水? どっちなんだろう。後者かな?

 

目的地の駐車場に到着

 

大バエ灯台 正式な灯台名は「大碆鼻灯台」(読み:オオバエハナトウダイ)だけど。

これだけでかでかと書かれると「大バエ灯台」だね。

生月小学校の生徒の名前が揮毫者として刻んであった。

 

ここも雨 そこも雨 ずっと雨

一生に一度(たぶん)九州の北西の端まで来たのに雨に降られるとは、とほほ。

レンズに雨滴が付いて・・・・・涙雨

でも、雨天で暗かったせいか?

まだ、灯ってた。

さすがに照射灯のレーザービームは消えてたけどね。

 

 

次に向かったのは、平戸島の南部に建っている

平戸早福瀬照射灯

こんな顔してる

照射している先がここ。

照射灯の隣には、閉校した早福分校が静かに佇んでいた。

離島を訪問すると予想以上に少子高齢化が進んでいるように感じる。

 

 

次に向かったのは、

田平天主堂

天気も悪いし車窓見学で通過する。

↑↑天気が良ければ、朝日が差し込むステンドグラスは必見。との話も。

教会内の見学は前日までの予約制になってた。

そもそも、「教会は祈りの場であって観光地では無い。」との張り紙がどこぞに。

 

 

次に向かったのは

青砂埼灯台

青砂埼灯台に一番近い場所まで細い道をくねくね走って突き当りに路駐。路盤が壊れていて停めるのにも一苦労。

そこからこんな道を歩いて海岸へ出る。

 

 

次は、

日本本土最西端 神崎鼻

最西端碑

ここの夕日は最高だが、今日はお日様も雲に隠れているので待っていても・・・

小佐々コミュニティーセンターで、

到達証明書をもらう。

せっかくだから到達ステッカーも、200円也 (到達証明書は無料)

↑↑2015年に速足で日本一周をした際に東西南北端に立ち寄って佐世保市から頂戴した「日本本土四極踏破証明書」 今は、今回貰った到達証明書に代ったのでもう入手不可能。 佐世保市民の皆様ありがとうございました。

 

 

この後、今日の夜間休息地として予定していた「弓張公園」に立ち寄るが、う~んいまいち。

急遽変更して向かったのが、道の駅 させぼっくす99

博多での 壱岐対馬への渡航は天気予報が芳しくないので早々に取りやめた。九州を一周してまた門司に戻った時に晴の女神が微笑んでくれれば渡航するかも。 長崎港を目の前にして五島列島 福江島への渡航をどうするか?、今回の渡航を見送って再度長崎に戻ってくるのは無い。何とか晴天の日を狙って渡航したいが。 天気予報とにらめっこでどうする? どうする? 考えろ! 考えろ! で日が暮れた。 あ~疲れた。

 

今日は一日中雨、特に生島の大バエ灯台の雨風は堪えた。

九州での空模様の記録

 晴れの日   3日

 曇り、雨の日 3日

 

 

次に向かうのは、あなたの街かも?

あなたと一期一会できたら\(^o^)/。

 

最後までお付き合いありがとうございました。

お帰りに 日本ブログ村のバナーのどれか一つをポチっとして次に向かうパワーをください。<m(__)m>

では、また次回にお会いしましょう。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村